ブログ移転のお知らせ  王俊宇瀟

 BIGLOBEさんの御陰様で、ここでブログを開設してから速く5年過ぎた。  この度は、閲覧の便宜性を図りべくと考え、ブログをホームページに統一することを企画している。つきましては、新規のブログ書き込みに関しては、下記サイトからご覧頂くように宜敷くお願いします。  ブログサイト:http://art-sumie.sblo.j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画の楽しみと悩み   王俊宇瀟

 水墨画に限らず、何であれ、創作行為は楽しみと悩みの両方を持ち合わせる性質がある。  新しい作品が生まれる期待と今までの自分を否定する思索はその両方を象徴するように、矛盾し乍ら創作活動を支え、どちらも欠かせない側面と言える。  しかし、所謂「創作」とは異なり、遊ぶ気持ちで描く水墨画は楽しいのみである、例えば、純粋に教養を深め、個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本年も宜敷くお願いします

 新しい年がやって来ました。  時の流れの速さを痛感する年になっても、新年はいいものです、何せ、休みが沢山取れるから、、、  遅れ乍ら、このブログに関心を寄せて下さる方に、今までのご支援を心よりお礼申し上げます、これからもご支援ご鞭撻の程、宜敷くお願いします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東洋文化としての水墨画     王俊宇瀟

 以前、日中水墨画の違いについて、中国くの水墨画、特に文人画には文化的要素が多く、それと対照的日本の水墨画には芸術的、つまり絵画的要素が多い、と主張していたと思う。  その思いは今でも変わらないが、しかし、中国水墨画は文化、日本水墨画は芸術という短絡な解釈ではない事を、言うまでもない。  文化と芸術の異同を考えるには様々な視点や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八大山人と張大千     王俊宇瀟

 中国の画家は、それぞれ得意の分野がある。山水画家は殆ど山水しか描かず、花鳥画家は花鳥画に専念する、人物画家も動物画家もそうであるように、基本的にそれぞれ得意な分野の中で活動する。この現象は昔も今も、殆ど変わらない。  無論、洋画も日本画の世界も、画家の得意不得意が有り、それぞれ得意な分野で活躍する事は当たり前であろうが、しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉昌碩と伊藤若冲     王俊宇瀟

 中国の水墨画画家と日本の水墨画画家を比較してみると、面白い発見が有る。  例えば呉昌碩と伊藤若冲、実に好対照になる。  呉昌碩と言えば、先ずは篆刻や漢詩,書道を学び、その間地方役人になった経験も有り、知命になって任伯面に絵を習ったという、まさしく典型的な文人画家としての経歴を持つ。  呉昌碩の絵画作品を観ると、絵画の領域を飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画の伝統継承と様式創造     王俊宇瀟

 水墨画で云う伝統は、大凡二つの要素が考えられる。一つは自然万物に対する感受と悟りを基に生まれた水墨画独特な美的センスと美に対する思考や理想、その美を通じて作者自身或は鑑賞者の精神的昇華を目指し、つまり思想的精神的な伝統である。もう一つは、水墨画を制作上必要不可欠様々な技法手法、或は鑑賞習慣といった、技術的習慣的伝統である。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明清以降中国水墨画が岐路に辿る原因を考える   王俊宇瀟

 明時代以降の中国水墨画は宋元の絵画と明らかな違いを見せる、文人画の流行りが画壇の主役は専業画家から兼業画家の文人達に交代した事を物語る。文人による画壇支配が中国絵画の流れを岐路に向かわせ、水墨画を藝術創造の本筋から逸れさせ、結果的に明清以降の水墨画が下り坂を辿る最大な原因ではないかと考える。  今までも触れたことがある様に、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写意水墨画、その方法と技法を考える       王俊宇瀟

 「写意」は他の絵画分野で類を見ない、水墨画ならではと言っていいほど、極めて独特で雅趣溢れる表現方法である。  そもそも、写意とは作品の題材となる自然界にある対象物を画家独自な心眼によって整理し、まとめ、そして自らのスタイルを持って、如何に簡潔な形で作品を完成させる水墨画の創作手法である。その要は、何といっても、「意」にある、言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画で人物を描く    王俊宇瀟

東葛素描会で長年人物デッサンをしている、その人物デッサンを水墨画作品に仕上げ、20年程前からサロン・ド・トンヌなどに出品していたが、そろそろ、新しいスタイルの人物を実験してみようと思いながら、中々実現出来ず、今年の素描会の展覧会も、例年のように、半紙のデッサンで出品した。 2月28日~3月4日、東葛素描会の展覧会が本八幡で開催中。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宋元時代が水墨画の最高峰と言われる理由を考える   王俊宇瀟

 『宋画全集』と『元画全集』の刊行に続き、これから明清と唐以前の中国絵画も一堂に集められ、最新の技術を駆使して高品質な全集が刊行されると聞き、誠に有意義な仕事と賞賛を送りたい。『宋画』だけでも邦貨にして百三十万以上もする(豪華版は二百万超)高価なシロモノであるため、個人的には中々手が出ないが、何処かの図書館でも観れればと、想像するだけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画の人物デッサン    王俊宇瀟

 毎年恒例の俊恵会書画展で忙しくしている上、先月急遽中国貴州省へ取材と水墨画交流行事に参加したなど、バタバタしているうち、一ヶ月ぶりに人物デッサンに行って来た。  ところで、このごろは着衣にますます面白く感じ、力を入れ、注意深く描く事にした。    衣服がある部分は、体の線とは質の違う線で表現出来るため、画面に変化やアクセント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画、筆墨の深層を考察する     王俊宇瀟

 「筆墨」、つまり筆の遣い方や墨色をコントロール技は、言うまでもなく、水墨画創作において、最も基本的な部分である。そして、作品の評価に置いても「筆墨」は常に極めて重要な要素とし擧げられている。  そんな「筆墨」ではあるが、水墨画創作の基本とは言え、完璧に習得するには大変困難という事実は、真摯な水墨画家ならこの経験をしたことがあるに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画 で人物デッサン   王俊宇瀟

 人物デッサン、25年続けている。    デッサン会の仲間達との展覧会2014.07.17~22、千葉の「画廊ジュライ」で開く。    今年は線の強弱や動きが激しいものと、紙を斜めにして描いたを出してみた。  紙が斜めの画、飾り方法等、色々遊べそうで楽しみ~~  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代蓮に感じる侘び寂び、水墨画の心眼                    王俊宇瀟

 千葉公園の古代蓮が、他の蓮よりいち早くその咲き姿を披露してくれた。先週、二年ぶりに蓮達に訪ねた。  蓮は沢山の品種が有るようだが、私の知る限り、千葉の古代蓮(大賀ハス)が関東周辺では一番早く咲き誇る。この蓮は2000年ほど前と推測された種から目覚めたモノで、もしかして、昔の人間が早起き早寝同様に、華も古代と現代の生物的リズムや周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画、スタイル創造の道のり(二)  王俊宇瀟

 創作の視点で、自らの作品も含めて既存作品に物足りなさを感じ、自分なりの独自の世界を切り開けたい意欲が水墨画新しいスタイル創造の素朴な動機であろう。  しかし、立派な動機が有って正しい方法論と地道な努力がなければ良い結果が得る事は難しい。  水墨画の新しいスタイルと言う以上は、先ず“水墨画”という基点から思考し実験しなければ行け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画、スタイル創造の道のり(一)  王俊宇瀟

 芸術としての水墨画は、その創造性の意味が殆どスタイルの創造にあると考えている。    スタイルの創造がどのように生まれるかは人ぞれぞれのきっかけや方法論があるので、一概に総括出来るものではないが、しかし、やはり大まかなの基本ルールーや評価基準が存在するに違いないと思う。  個人的な経験も踏まえて整理してみるといくつかのポイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水墨画作品の創造とは     王俊宇瀟

 創造が無ければ芸術としての作品が生まれない。  水墨画作品の創造は二つの要素がある。  第一に、一般的に具象や半具象的な作品の場合、対象物を画家の視覚を通して心眼へと進み、現実的な存在を芸術的な存在へと昇華させる事である。たとえ写実的な作品であろうと、ただ現実の真似や模倣或は再現ではなく、作品としての対象物はすでに現実の世界か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書画文化と書画芸術の特徴及び創造性       王俊宇瀟

 芸術の世界では、最終的に完成した作品を世に披露し発表する事が一般的常識である。藝術家が創作の過程では色々と苦悩苦労が有るから、それを他人に見られたくないと言うのは人情だし、何より、真剣に創作している最中に他人に見せる余裕もないし、又独自の技法や素材道具を駆使するならば尚更秘密にしたいところである、そもそも、作品制作過程は芸術家独自の世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more