水墨画の楽しみと悩み   王俊宇瀟

 水墨画に限らず、何であれ、創作行為は楽しみと悩みの両方を持ち合わせる性質がある。  新しい作品が生まれる期待と今までの自分を否定する思索はその両方を象徴するように、矛盾し乍ら創作活動を支え、どちらも欠かせない側面と言える。  しかし、所謂「創作」とは異なり、遊ぶ気持ちで描く水墨画は楽しいのみである、例えば、純粋に教養を深め、個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more